永作博美 優雅にフラダンスを披露 画像 - 芸能画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永作博美 優雅にフラダンスを披露 画像

4日、女優・永作博美が、スタジアムプレイス青山で行われた、映画『四十九日のレシピ』公開記念トークショーに出席し、劇中、印象的なシーンで登場するフラダンスを、会場に詰めかけたファン50人と踊った。フラの名曲「Aloha 'Oe」にのせて優雅な舞を見せた永作は「とても清々しい気分。心が震えますね」と笑顔を見せた。ranking

映画の撮影以来、約1年ぶりにフラダンスを踊ることになった永作は「シンプルに見えるものほど、難しいんですよね。ゆったりと優雅、開放されたような雰囲気がたまらないです」と魅力を語ると、会場に訪れた50人のフラダンス愛好家と共に、照れながらも、優雅で可愛らしく美しいフラを披露した。

永作演じる百合子は、挫折や傷つきながらも、懸命に前を向こうとする姿が印象的だが「わたし自身は、目の前の課題に対して、どうやったら乗り越えていけるかを考えているだけで、時間が経ってしまいます」と日々の過ごし方を語ると「この映画の乙美は、遺言でとてもハッピーな提案を手紙に残しているんですね。そんな人なかなかいないと思うんです。そんな思いを実現したいと思い『ぜひ、わたしにこの役をやらせてください!』って言ったんです」と作品に参加する時の気持ちを明かした。

劇中では、絵に描いたような頑固親父である石橋蓮司と対峙するシーンも見どころの一つとなっている。「ああいうお父さんいますよね。蓮司さんとは初共演で、いつも激しい役が多いので、怖い人なのかなってドキドキしていたのですが、優しくてとてもお茶目な人でした。蓮司さんが、頑固親父としてしっかり立っていただいていたので、とてもやりやすかったです」と感謝を述べていた。

本作は、伊吹有喜の原作を『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ監督で映画化。夫の浮気によって実家に戻ってきた娘と、妻の突然の死に衝撃を受けた父が、四十九日で大宴会をするために力を合わせていく過程で、傷ついた心を再生していく姿を描いた感動物語。

(引用元 シネマトゥディ より)


映画『四十九日のレシピ』 詳細
→芸能画像

永作

永作博美 フラダンスを披露 画像
画像⇒ geinou ranking ranking
画像⇒ geinou ranking geinouhi
画像⇒ geinou ranking reading

永作2

永作博美 奇跡の43歳 ・・・詳細はこちら ranking

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能画像 All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。